DESPERADO’S

The Life Is The One Like As The Tumbleweeds.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Art & Science .

"モノグラム神話"とゆーのが在りました、その昔。
同社のリベット・凸モールド再現やら、コクピット・脚収容庫等の内部再現、正確(なイメージ?)の機体外形等を讃えて作られたコトダマです。確かに、同社のKITは当時から群を抜いた"雰囲気"を持っており、特に48ヒコーキ(Century Seriesが顕著。)では後発の良いKITが出た後でも、『Bestはモノ♪』と云われたりして居ります(48Phantomナンカが顕著です。)。
以前、M.G.誌でも'92年12月号(Vol.98)で『モノグラム神話』と銘打って特集を組んだりしていました。中で、頭にこびりついた一文が在ります。曰く、
『ハセガワのはサイエンスなんだな。モノグラムのソレはアートなんだと思う。』
(記憶による再構成文です♪)
・・・う~ん、言い得て妙ですね。ナンちゅーか、プラモへの接し方とか、そーゆートコが違うんだべなぁ、と思って居りました。

で、本題。
昨日、いつもの御近所モデラー会例会に行って来たところ、いつも通り作品を持って来られる方がチラリホラリ。(ウチの例会は会場が"居酒屋"で"2000時スタート"と云う事も在って、マッタク模型無しで呑んだ暮れるコトも在ります♪)で、ヤラれましたよ、Mr.KONDAに。TOMですよ、例の。
ScienceAndArt080608.jpg
・・・すみません、デジカメ持って行かなかったんで、KITで。
Italeri48TOMを極楽鳥にして持って来られたんです、Mr.KONDA♪
コレがマタ、『モールドがどうした』とかナンとか云うより、マゴウ事無きTOMなんです。TOPGUNで『キィ~ン♪』って飛んでるアレなんです♪・・・よっしゃ、ミッキーサンの終わったら、俺もデカール貼るのにItaleri KIT作っちゃる♪と、思わせる程のナニかが在ったんです、完成品に。

多分、冒頭の『モノグラム神話』とは又チョット違った方向性で『イタレリ神話』ってのが在ってもイイかも知れません。先の"F-19"なんかでも再認識しましたが、『低価格(比較の問題ですが・・・。)』で『少ないパーツ数』、これ等を『基本工作をキッチリやれば』『ある程度納得出来る外形』に出来る、と云う"プラモデルの原点"みたいなPrimitiveな楽しさが在ります。
何より、『完成したとき』の達成感は、単純に楽しいモノですしね。

モチロン、元来私はハセガワに代表される"Science"タイプの方が好きな事も在りますし、ソレを否定するツモリも無いのです。ただ、模型の楽しみ方がイロイロ在るなら、多方面のモノもやってみたいなぁ、と♪幸い、私の主要題材であるトコロのTOMサンは各社出してくれて居りますし。

うし、近々で初めよっとItaleriTOM♪

コメント

をーう♪

をーう♪
見てみたいですそのItaleri48TOM。
私も来年の静岡のためにItaleri48TOM始めましたがパーツ数が非常に少なくて、ハセトムと比べてちょっと(かなり?)さびしいです。
今回は飛行状態でイラン空軍仕様にするつもりです。
ApacheさんのItareli48TOM楽しみにしてますよ。
キットにはちょうどイイ感じのジョリーのデカールが入っているのでコッチでもいいのでは?
たぶん、肩の力を抜いてささっと作るのに良いキットではないかと思います(・・・って私はまだ作り始めたばかりですが)。

う~ぃ♪

どもども、mozobeサン。
見てみたいモンですよねぇ、"ワタシの"TOM♪

Italeri KITは出た当初に購入し仮組してみて以来、完璧なハセガワに対して、パーツ数の少なさと外形の正確さでズ~ッと気になっているKITなのです。数年前に編隊長が各社48TOMを持ち込んだ時に比較してみても、コイツがハセガワ以外では最もイイ雰囲気を持っていました。(下手したら、ハセガワよりも外形的にはイイかも。・・・ただ、ディティールがねぇ。)

で、コイツも多分に漏れず"Jolly"で行くと思うんですが、ちょっと毛色の違うので行こうかなぁ、と。
まぁ、ミッキーサンのが未だ出来て居ない現在、鬼が笑う様なハナシですので、mozobeサンのを水先案内人に御願いしようかと思って居りますよ♪ついでに、ワタシも飛行姿勢で行きたいですし。

確か、その引用は・・・

アメリカ海軍のアビエーターのインタビューとして”ホーネットを操縦する事はサイエンスだ。でも、トムキャットを操縦する事はアート(芸術)だ・・・”じゃぁなかったかなぁ(飽くまで小生の記憶です)・・・なにはともあれ、モノグラムのあのアナログ感(ただし韓国で金型を作ったF-15E以前のものね)はたまらないよね・・・ところで小生のF/A-18Cはいよいよデカール貼りに突入だよんv-221

"アナログ感"!!

イイ表現ですね。そーですそーです、そんなカンジですよね♪

こんばんは、F/A-14サン。
でも、私にはあの"アナログ感"を残したまま模型をカタチにするのは不可能です・・・。なんせ、#180なんてのでガリゴリやってるのがシアワセなモノですから♪
Hornet、進んでますねぇ。ウチのTOMサンも、鞭クレてやらなきゃなぁ、と思いつつ、変なコトに流されています。今夜はTOMサンで行きますか、時間的にもうチョイだけど。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://desperados.blog69.fc2.com/tb.php/544-2aaa615b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

APACHE

Author:APACHE
APACHE(一部でGORIの方が有名・・・。)が運営いたしております
TheSaloon
"DESPERADO'S"へ
ようこそおいで下さいました。
都合により酒は出せませんが、店主はほとんど呑んでおります、御容赦下さい。

ひこーきプラモをメインにする予定ですが、本人の精神状態により、愚痴やら意味不明の文章也も出てきます。まぁ、かしこまらずにやっていく予定ですので、宜しくお願い致します。

タイトルはTheEaglesの名曲から頂きました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。