DESPERADO’S

The Life Is The One Like As The Tumbleweeds.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Dignity Intermission    ~1~ existentia!?

CaptMickeysFlightJacket.jpg

こんなモノ(失礼♪)まで・・・。
流石に着ては歩けないワナ、コイツは・・・。革ジャンにバックプリントだけ、とかなら欲しい様な気もしますが。
・・・ただバニーマークだけだと、ウチの近所を夜な夜な歩き回ってるガキみたいにも見えるなぁ。ドンキで1,980円♪みたいな。

さてさて、ミッキーサンの塗装案考えるのに(ナニせ、出て来る度にチョコチョコ違うのだ。)、ミッキーのTOMはどの様な出自で、はてさてアスラン内戦は何時頃のハナシであったのかを拾い出してみます。
まずは前者から。
そも、彼は中東の僻地でコノ機体を二度運用して居りまして、最初の機体は武器商人ファリーナの砂漠空母に、もう1機はアスラン革命時の戦闘で本人・セラと供に喪われています。今回は(まだヤル気なのかよ!?)より来歴のハッキリしている最初の機体を再現してみたいと思います。"88の台所"・マッコイ爺さん曰く、"イランに納入される予定の機体"が"革命のゴタゴタ"でイタリアの倉庫に寝ていた奴を引っ張って来た、との劇中描写があります。wiki等に拠ると、これ等の事から"(イランとの契約はあったものの)実際に納入されなかった80機目のTOM(Bu.No.160378)"がミッキーの機体である、とされている様です。(ひょっとしたら、"原作者"兼"エリア88世界の創造主"たる新谷かおる御大がドコかで発言していたのかも知れませんが・・・。)まぁ、いずれにしても'76年の1月の納入開始から'79年1月16日のイラン・イスラム革命までにパーレヴィ王朝イラン空軍が契約・受領したF-14はBlock90乃至はBlock95の機体となっております(前出のBu.No.160378はBlock95。)。
・・・今回は、コノ事を踏まえて機体製作を行ったので、後期型ビーバーテイル・2分割バルカンガス抜きルーバー・補強版無し垂直尾翼・機首下チンポッドは最もシンプルなモノを選択しています。
次に年代を考えてみると、先のイラン・イスラム革命が'79年、マッコイのTOM調達方法等からの流れ上、物語の年代はコレよりも後になるコトが推測出来ます。更に原作自体の雑誌連載が'79年から'86年、劇中バリバリの東西冷戦下である事等からも推して、ゴルビー・ソ連(そんなクニが在ったんですよ、地球上に♪)下のペレストロイカ・グラスノスチが行われる以前の'80年代前半の御話だと思われます。アスランの外人部隊の契約年数(3年)と主人公・風間の途中除隊・再入隊なんかも含めると、'80年序盤の3年から5年間くらいの話なんでしょう。
まぁ、史実ではエジプトのサダト大統領暗殺、イラン大使館人質事件、イスラエルによるイラク原子炉爆撃、同レバノン侵攻、米軍のレバノン進駐、イラン・イラク戦争開戦、忘れてならないのはF-14初の戦果・リビア軍機撃墜などが起こっていた頃です。(忙しいトコロだなぁ、ココは。)

・・・で、本題。
ナンだってコンナ『年代測定法』みたいな事をしたのかってーと、先のTipでも触れた垂直尾翼前縁の塗色を推定する為(無駄だと思うケド・・・。)。イラン空軍に納入されたF-14、所謂"Alicat"は全てアジアンマイナースキームと云われる上面3色・下面ライトグレイの砂漠迷彩。明らかに劇中の塗装とは異なるので、ドコかでマッコイが気を利かせて塗り替えたのであろう(ナンか、経費はチャンと乗せてる様な気がする、そんな気がする♪)。見ていると、上面グレイに下面・動翼部ホワイトの米海軍標準塗装と思われるモノの、'70年代終盤にはコノ塗装は米海軍から去りつつあり、全面オーバーラルと云うガルグレイ単色に塗り直されていたのでした。ちなみに、ミッキーがヴェトナム時代に所属していた"VF-84"(ナゼかF-14を既に装備。実際は'73年にVF-1・2へ初配備・ヴェトナムへは'74年のサイゴン撤退作戦にのみ参加して居ります。)ではコノ頃('80年前後)はグレイオーバーラルと云われる塗装で、垂直尾翼先端は黄色、前縁は胴体と同じガルグレイで塗られて居ました。

さて、模型では     
DQ163Boxart.jpg
コレは以前ハセガワがアクト名義で発売した72の"Mickey TOM"箱絵。多分、書き下ろし。
(う~ん、今の今までスペル間違ってた。"Micky Scymon"なんですね。"Mickey Simon"だと思ってました、ってか、コッチのが英語圏の名前としてはフツーな様な!?)
イメージはコレそのものなんですが、先の垂直尾翼とヴェントラルフィンでもうチョイ遊びます。
AQTColorsMickey.jpg
・・・で、アクト版ミッキーTOMの説明書とデカール。
先のVF-84同様の黄色と黒の塗り分けが成されています。・・・まぁ、コノ辺がキャラクターモデルで云う所の『イメージの最大公約数』って奴でしょうね。何も見なけりゃ、私もコレで塗ります。

コチラはこないだ購入したRose Ridgeのデカール。
RoseRidgeColorsMickey.jpg

・・・あちゃ、ハセガワと同じかぁ。でも、アスラン王国機体番号と思しきモノが入っているのが、"最初の方"のミッキーTOMッぽくってGood♪

・・・で、コイツが問題の、
TakaraColorsMickey.jpg
"伝説の"タカラ1/100KIT指定。白い尾翼端がイカしてます♪
機体番号も、通常なら"NAVY"の文字が入る位置に入れていますが、コレは尾翼に入れた方がカッコ良いでしょう。オドロキだったのは、ヴェントラルフィンの"赤"♪・・・最初は度肝を抜かれたモノの、前2社と違ってイエローでワンポイントの色を入れていないタカラ案ではアクセントになっている気がしなくもありません。そーいやミッキーサンは"88"ではレッドセクションリーダー(特にリシャールに保護されるクダリなどの目立つシーンでは。)だったりしていた様な気もしますし・・・。

と、ゆーワケで、グダグダ考えて居る訳で御座居ますよ、好きな機体の最も気になる塗装なだけに。
垂直日翼端"白"は決めてしまったモンですから、前縁は本体色、ヴェントラルフィンはシャア無いから二通り作って差し替えにしようと思います。どーせパーツだけならヤマ程在りますし♪
・・・コノ後、赤塗装も在るのかぁ。趣味って、手間隙喰ってもオモロい方を採る辺り、つらいモンですね♪

コメント

かつて

ここまでミッキー・サイモンのドラ猫カラースキームを考察した者がかつていただろうか!!
僕も悩んだよ~シン・シリーズ。
原作に離れず原作よりカッコよく!
と自分の無い知恵を絞って塗ったなぁ~(しみじみ遠い過去w

にしても結論までが長いよw

By The Way 、

Don't Think, Feel♪にしちゃったんですケドね、ウダウダ書いた割りには。

こんばんは、御師匠様。
書いてたら、思いのタケが爆発しちゃって止まんなくなっちゃいまして・・・。結論は、"テキトー"なんですけどね。

そうそう、静岡での3機は三様にそれぞれ個性の出ているブルーで塗られていたのが印象的でした。しかも、イメージ通りの振分けで。
・・・ワタシも"しみじみ""回想"出切る様にガンバリマスデス。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://desperados.blog69.fc2.com/tb.php/534-713456fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

APACHE

Author:APACHE
APACHE(一部でGORIの方が有名・・・。)が運営いたしております
TheSaloon
"DESPERADO'S"へ
ようこそおいで下さいました。
都合により酒は出せませんが、店主はほとんど呑んでおります、御容赦下さい。

ひこーきプラモをメインにする予定ですが、本人の精神状態により、愚痴やら意味不明の文章也も出てきます。まぁ、かしこまらずにやっていく予定ですので、宜しくお願い致します。

タイトルはTheEaglesの名曲から頂きました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。