DESPERADO’S

The Life Is The One Like As The Tumbleweeds.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Simon Says,                  What Became My First Experience?

TheExperience07121800.jpg
The Holy Bible♪
Monty Pythonみたいだな・・・。(良いタイトルね、コノ曲♪『常に良い方をみよう♪』ってさ。)

そーいえば数日前の記事で"いまひとつ突き抜けない(らしい)漢"・Mach0.9サンが、『モデルアート』誌のおおくらとしおサンの記事あたりを指して、"模型作りの巨人の星原体験"なんて仰って居られました。コノ方の言葉の選び方は、肌に合うのか面白がって読ませて頂いているのですが、読後に私の"原体験"なんぞを思い出しちゃったモンですから。

で、冒頭の2冊。
左の『レプリカ』誌はまだ中学生の頃に近所の古本屋で買ったモノ、右の『モデルアート別冊』は学生時代にやはり古本屋で見つけたモノでした。『レプリカ』は変にベクトルの濃い雑誌で、当時から大好きだったんですが、取り扱い書店が少ないこと、所得分配がKIT重視だったことから古本でしか購入出来ませんでした。
・・・が、
TheExperience07121800Inner.jpg
コノ記事を読んでから、世界が変わりました!!
"模型って、ココ迄やれるんだ!!"
後に知る事になったのですが、製作者は"小池龍成"サン、今も私の中では変わらず"超人"デス。とーぜん"ココ迄やれる人"ってのは限られる訳なんですが、今も昔もアホなワタクシ、『いつか作っちゃる♪』との思いを中学生の頃から捨てられないで居る訳です・・・。"未完の初恋"みたいなモンですかね、例えるなら♪

で、その小池氏、ハセガワ・フジミのTOMが出た頃('89年くらい?)に出版された『新版・モデルアート別冊』にも48のハセガワTOMの記事を寄稿してらっしゃいます。
TheExperience07121802.jpg
的確な工作技術で、コノ難物KITを料理して居られました。
モチロン、今回のワタクシの製作にも、多いにパクらせて参考にさせて頂いて居ります。何せコノ方、パテを使わず"摺り合わせ"と"プラ板挟み込み"のみで機体の組上げを行ってしまうので、綺麗なんですよ。

ほかにも、ここ最近出版されたコノ2冊も参考にして居りますよ、少しですが。
TheExperience07121803.jpg
左側は『本誌』のF-14特集。フラップの構造なんかが記事としては面白いのですが、参考にしたらツジツマ合わず。作例が余り肌に合わないのですが、"ウンチク(だけ)モデラー(なのか!?)"のAPACHEの手を止めるには充分でした。右側の『モデルグラフィックス』誌は作例の出来ウンヌンと云うより、製作工程の確認の為には在ると便利。同誌のHow To特集は、ここ最近の模型誌の記事の中では好きな方ですね。

これらの模型誌と、実記写真集(他にも在るのか、資料本・・・。)を片手に製作しとる訳ですよ、ワタクシは♪

長くなっちゃったんで、昨日までの製作は次のTipにしますね♪
では。

コメント

やっと時代が追いついてきた

こんばんわ。
今ひとつ突き抜けないながらも、なんとか来てみましたw

レプリカは手に入らないですよねー
わたしも古本で手に入れてるクチなんですが。

ところで、最近の流行は
「すりあわせと、シム挟み込み」らしいです。
やっと時代が追いついてきたんですね!

ところで、
レプリカといえば音無惣一郎氏(すごいPNですねw)の作例ですよねー
うん

どっちかってーと、

『工作派』な紙面だった様な気がします、『レプリカ』誌。
それだけに、『工作サイコー』な今の私が在るのか、と♪

こんばんは、Machサン。
そーなんですか、最近の流行なんですか。私は小池サンの作例(確かファントム)で初めて読んで、驚いたモノでした。
そういや、いらっしゃいましたね"ソウイチロウ"サン。ちょうど流行ってた頃ですよねぇ、『めぞん某』♪ 私はコノ雑誌では、下田信夫サンの表紙もポイントでしたよ♪

なるほどねぇ。
そういやぁマッハさんは巨匠の(ネ申の言葉?)紹介してくれるよね。

僕ならこのヒトコトが自分にとっては全てだよ。
「(magusの)ゴーストが囁くのよ」by少佐w

ゴリさんご紹介の本はハテサテ囁やいてくれるかなぁ…
一番下のはとりあえず買ってみるとするか。
近所の模型屋さんにあったし。
囁いてくれるかなぁ?
まぁ多分十中八九トグサくんwww

天才は爆発だ!!

とゲージツ家は言ったとか言わなかったとか♪

こんばんは、御師匠様。
ええと、御師匠様みたいに自分でヴィジョンが浮かんでしまう様な"らすためん"はイイんですよ、本なんか見なくても♪"めでぃてーしょん"してるのも好きでしょう?
で、上記の書評なんですが、上に行く程インスピレーションを分けてくれるので、最下段の2冊に関しては正直ビミョ~です。御師匠様にとって役立ちそうなTipはぶっちゃけ上記の"フラップ記事"くらいかも知れません。合わせ方、なんてのは今更でしょう?
最近はワタクシも"オペレーション中の実機廻りの写真"とかの方が気になる事が多いです。多分に、"シチュエーション"とか"空気感"の様なモノが好きだからなのでしょうが、前述のレプリカ誌が今の私の模型原体験であるのは事実です。

まぁ、TOMの作例なんかは他人様よりは多く見ている方だと思うので、ワカラン事が在ったらまた連絡下さい♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://desperados.blog69.fc2.com/tb.php/401-38410053
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

APACHE

Author:APACHE
APACHE(一部でGORIの方が有名・・・。)が運営いたしております
TheSaloon
"DESPERADO'S"へ
ようこそおいで下さいました。
都合により酒は出せませんが、店主はほとんど呑んでおります、御容赦下さい。

ひこーきプラモをメインにする予定ですが、本人の精神状態により、愚痴やら意味不明の文章也も出てきます。まぁ、かしこまらずにやっていく予定ですので、宜しくお願い致します。

タイトルはTheEaglesの名曲から頂きました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。